マウスポインタを合わせると商品画像が拡大する、楽天市場買物支援サイト
楽天360(rakuten360)
さらに詳しく検索

「和心屋 皿」

 277件取得済み(全10ページ)


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ

手によく馴染む、あたたかいうつわ ≫その秘密は?   kinariしのぎくつろぎカップの詳細 ●来客用に便利な小さな湯呑み茶碗(ゆのみ・湯のみ・湯飲み )です。 ●お洒落な煎茶碗(汲み出し・汲みだし・汲出)としても活躍します。 ●かわいい陶器のフリーカップ ●和食器ならではの温もりを感じる自然な色味 ●5個揃いでプレゼント・記念品・ギフトに最適  ●ギフトセット、贈答品、としてプレゼントにおすすめ。 ●父の日、母の日、敬老の日などのギフトとして。 ●内祝い、出産祝い、または 内祝い お返し 出産祝い お返し ●お名前やメッセージをお入れした記念品。 (別料金) ●益子焼 窯元からお届けの焼きたての益子焼湯のみ(フリーカップ)です。 kinariしのぎくつろぎカップの 解説 ブランド:[ kinariしのぎ(鎬)シリーズ ] ≫その他 kinariシリーズ≫ メーカー:[益子焼(益子焼き)のわかさま陶芸] カテゴリー:[和 食器 陶器 器 うつわ] 大分類:[フリーカップ・湯呑み・ゆのみ・湯飲・湯呑] ≫その他 フリーカップ≫ 小分類:[湯のみ汲み出し・汲みだし・汲出・煎茶碗] ≫その他 湯呑み≫ 用途: 名入れ(陶器)・ラッピングも対応いたしますので、お気軽にご用命下さい。 ●金婚式・銀婚式 などのご両親への贈り物。 ●結婚記念日祝い、結婚式 の 引き出物 ( 引出物 )、内祝い、などのギフト ●父の日・母の日の陶器ギフト(名入れ可能)・お世話になった方へのお返し などの気の利いたプレゼントに。 ●新築祝い・退職祝い 、お友達への誕生日プレゼント、出産祝 などの お祝い 、 ●還暦祝い・ ( 古稀 ) 古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い、敬老の日 などの 長寿のお祝い ●御中元・御歳暮、暑中お見舞い などの シーズンギフト・季節のお祝い、 ●海外の方へのお土産などにも最適です。 ●益子焼(益子焼き)のわかさま陶芸の益子焼和 食器はギフトにも好評です。 ≫≫ギフトラッピングはこちらから≫ ≫≫名入れのページはこちらから≫ ◇商品詳細 素材 陶器 色 生成り 寸法 約Ф9.0×H6.5cm 容量:約120ml(8分目) ※一つ一つ手作りで作陶している為、多少の誤差変動がございます。 注意 画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。 ご了承くださいませ。 注文が集中した場合など、発送が遅れたり、在庫切れで販売できなくなる可能性がございます。 ○電子レンジ 使用可 ○食洗機 使用可 ×オーブン 使用不可 ※オーブン・直火での使用は、破損・怪我の原因になります。絶対になさらないでください。 Rakuten International Shipping Item (Since the end of June 2008) Details click here   益子焼(益子焼き)のわかさま陶芸は益子焼のお店です(mashiko、益子、ましこ) 丸いカップ、お湯のみ、湯呑み、コップ、 湯飲み、お湯飲み、湯呑、フリーカップです。 贈り物にピッタリな手造り(てづくり、手作り、手づくり)和 食器多数あります。 【スーパーセール】ハーブが似合う 癒しのカップ 約Ф9.0×H6.5cm 容量:約120ml(8分目) ※一つ一つ手作りで作陶している為、多少の誤差変動がございます。 “癒される”と好評の わかさま陶芸 kinari(キナリ) くつろぎカップ “お手ごろ価格で使いやすい” “かわいい” “おしゃれな雑貨屋さんでも見かけた” などなど。 とっても嬉しいお言葉をいただく 人気の商品です。 おしゃれな雑貨や小物との相性◎ スタイルモダンなデザインは、 わかさま陶芸ならでは。 「益子焼き」は伝統工芸品なので 凛とした佇まいが魅力的です。 でも、、、 イメージは古いのですが くつろぎカップはとってもおしゃれ♪ インテリア雑貨との相性が良く ナチュラル空間に溶け込みます。 おしゃれな小物に囲まれるのが大好きな方に おすすめしたい ナチュラルな湯のみです。 特にkinariシリーズは、 アイボリーがかった生成り色が特徴です。 自然体な白基調なので 素敵な空間へと導いてくれます。 ハーブティーが良く似合う 飲み口は、お茶の香りが 華やかに広がるデザインです。 ほっとしたいとき ハーブティーの心地よい香りに包まれて 疲れをそっと癒します。 また手作業にて丁寧に削った しのぎ模様は カップを手で包んだ際に安心感を与えてくれます。 温もりと優しさで 心地よいティータイムが過ごせます。 カップ料理にも最適 kinariくつろぎカップは カップ料理の盛り付けにも ピッタリのアイテムです! 私はスープカップとして使います。 子供達にワンプレートランチをよく作るのですが 少量のスープをプレートに添えるのが 大好きな使い方♪ 料理映えするので 子供達にも「すごい!」て喜ばれます。 あとは、プリンをくつろぎカップで作って おやつの時間に皆でいただきます。 笑顔が自然と出ちゃうのが嬉しいです。 kinariリンカ(小)(別売)と組み合わせれば、 お洒落なカップ&ソーサーになります。 ≫kinariリンカ(小)はこちらから購入できます。 ・くつろぎカップにハーブティー ・リンカ皿に美味しい焼き菓子 そんな使い方も素敵です。 名入れやギフトラッピングも承っております。 ≫名入れに関してはこちら ≫ラッピングに関してはこちら お熨斗をつけた熨斗ラッピングもご用意しており ギフト商品としても選ばれています。 新築のお祝いや、内祝い。 ご贈答品に最適です。 大切なお母さんに贈る「母の日」、 大好きなお父さんに贈る「父の日」、 いつもお世話になってる、祖父・祖母への感謝を表した「敬老の日」など。 心を込めてギフト包装を承ります。 □商品ディテール kinariしのぎ くつろぎカップ 約Ф9.0×H6.5cm 容量:約120ml(8分目) 手の中にそっと納まる上品な湯のみです。 ナチュラル雑貨と相性が良く お手ごろ価格のおしゃれな食器です。 やや少な目の容量は おもてなしにも最適です。 食洗機・電子レンジの使用も可能なので 取り扱いも簡単です。 使い勝手も良く、大変人気な理由が分かります。 ※直火・オーブンレンジでのご使用はご遠慮いただいております。 kinariしのぎ くつろぎカップ。 おしゃれで カワイイ湯吞みと大変人気です。 ハーブティーが大好きな方 ナチュラル雑貨屋が大好きな方。 kinariのくつろぎカップで癒しの空間を作りませんか。
1,100円
 税込 送料別 カードOK  レビュー86件  益子焼 和食器通販 わかさま陶芸 kinari(キナリ)しのぎ くつろぎカップ 益子焼(湯呑み (ゆのみ)小サイズ 来客用 おしゃれ 北欧風 生成り 食洗機対応 電子レンジ使用可) ギフト対応 母の日 ギフト プレゼントお家カフェ 父の日  「kinari(キナリ)しのぎ くつろぎカップ 益子焼(湯呑み (ゆのみ)小サイズ 来客用 おしゃれ 北欧風 生成り 食洗機対応 電子レンジ使用可) ギフト対応 母の日 ギフト プレゼントお家カフェ 父の日」の関連商品
陶製燭台 - 豆皿(まめざら) ■寸法:直径7.5 × 高さ4.5(cm) ■色 :白 黒備前 ■素材:陶器 ■装丁:箱入り ■製造:日本製 岐阜県美濃市 美濃焼のオーソドックスな燭台です。やや針部が太くなっていますので、ロウソクをしっかりと挿すことができます。 白と黒では、釉薬の関係上、針部の太さに違いがございます。白の方がやや太く仕上げられております。 0.5号から2号までの、比較的小さなろうそくに適した大きさ。 写真に用いているものは「櫨ろうそく 2...
1,040円
 税込 送料別 カードOK  レビュー16件  ココショク 日本の手仕事雑貨 陶器燭台 - 豆皿 白 黒 美濃焼 火立て 燭台 仏具 おすすめ 灯立 キャンドルホルダー 蝋燭台 ローソク立て ロウソク 小さい 使いやすい 和ろうそく燭台 和蝋燭 茶の間 お茶席 お茶会 夜咄 茶道 男前 シンプル シック 工芸品 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】  「陶器燭台 - 豆皿 白 黒 美濃焼 火立て 燭台 仏具 おすすめ 灯立 キャンドルホルダー 蝋燭台 ローソク立て ロウソク 小さい 使いやすい 和ろうそく燭台 和蝋燭 茶の間 お茶席 お茶会 夜咄 茶道 男前 シンプル シック 工芸品 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】」の関連商品
和心の趣を持った器です。我が家でも料亭気分。当店と同じ地元の卸商社から直接仕入れる和の器。料理屋さんや旅館などで使用されている本格的なプロ用食器です。季節の器、彩りの器で、食卓をもっとすてきに。※すべて商品1点あたりの価格です。※写真に複数の商品が写っているものがありますが、セットの価格ではございませんので何卒ご注意ください。サイズ: 26.8 x 9.5 x 高さ 3.4cm窯の温度状況や作成状況などにより画像の商品と色合いや釉薬の塗り方が多少違う場合がございます。こちらの商品は協同組合取り寄せ品となります。通常1〜2日で入荷いたしますが、在庫切れの場合1〜2ヶ月かかる場合がございます。なお、ご注文前にも在庫の有無など確認可能ですので、お急ぎの場合や業務用のお客様はお気軽にお問い合わせください。
618円
 税込 送料別 カードOK  レビュー13件  美濃のちゃわん屋さん 古林恩羅院 ざる蕎麦 うどん 薬味皿 付き出し皿 お通し 焼き肉/ そら豆3品盛り皿白 /和食器 長皿 業務用  「ざる蕎麦 うどん 薬味皿 付き出し皿 お通し 焼き肉/ そら豆3品盛り皿白 /和食器 長皿 業務用」の関連商品
【メーカー・ブランド】かもしか道具店 カモシカ道具店 日本製 三重県 菰野町 【商品仕様】豚の蚊遣り 豚の蚊やり ぶた 豚 ブタ 蚊遣器 蚊遣り器 蚊やり器 蚊取り線香 蚊取り線香入れ 蚊取り線香ケース キンチョー 金鳥 13cm 渦巻 対応 陶器 萬古焼 【こんなシーンに】おうち時間 お家時間 蚊対策 ベランダ べランピング ガーデニング アウトドア キャンプ 来客 【こんな方にオススメ】ママ お母さん 母 レディース パパ お父さん 女性 男性 メンズ 大人 彼氏 彼女 丁寧な暮らし 【デザイン】おしゃれ 人気 ...
2,640円
 税込 送料込 カードOK  レビュー9件  あなろ(インテリア雑貨) 【あす楽】蚊遣り 陶器 蚊取り線香入れ 全5色 蚊やりブタ かもしか道具店 日本製 [萬古焼 蚊やり かやり 蚊取り線香ホルダー 蚊遣り器 蚊遣り灰皿 ブタの蚊遣り ぶたさん 蚊取り線香スタンド 虫除け おしゃれ 三重県 山口陶器 白 黒 茶 グレー ホワイト ブラック イエロー]  「【あす楽】蚊遣り 陶器 蚊取り線香入れ 全5色 蚊やりブタ かもしか道具店 日本製 [萬古焼 蚊やり かやり 蚊取り線香ホルダー 蚊遣り器 蚊遣り灰皿 ブタの蚊遣り ぶたさん 蚊取り線香スタンド 虫除け おしゃれ 三重県 山口陶器 白 黒 茶 グレー ホワイト ブラック イエロー]」の関連商品
3,850円
 税込 送料別 カードOK  レビュー7件  scope version.R <8月22日(月)〜25日(木) 出荷>アラビア / 24h アベック プレート20cm [Arabia / 24h Avec]  「<8月22日(月)〜25日(木) 出荷>アラビア / 24h アベック プレート20cm [Arabia / 24h Avec]」の関連商品
色ろうそく 朔 - Saku ■寸法:長さ7.5 × 直径約1(cm) ■燃焼:約60分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 天体シリーズ、「朔 - Saku」。 写真のろうそく立ては「Iron Candle Holder - S」、燭台の受け皿として炭谷三郎商店さんの「香皿 - オーバルトレー」を用いております。 朔とは陰暦の月の第一日、太陽と地球の間に月が重なる「新月」のことです。表面を黒くすることで、ろうそくのフォルムを暗闇の中に溶かし、灯りだけを浮かべることをコンセプトにつくられました。 色ろうそくはすべてお米のヌカに含まれる蝋(ろう)から作られています。蝋の垂れや、油煙が少なく、安心してお使いいただけます。 ひたすら地下から汲みだしてしまうだけの石油資源とは異なり、人が手をかければ枯渇することのない植物資源を用いた、心地よい日用品です。 大與さんの色ろうそくには、新月の夜や宇宙を表現した「天体シリーズ」、四季の移り変わりを色に込めた「春夏秋冬シリーズ」、自然界に溢れる色をあらわした「花鳥風月」や「虹」などがございます。 雨の日の匂いや、曇りの日の情緒を静かに楽しむ、やさしい照明としてもお使い下さい。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   色ろうそく 朔 - Saku ■寸法:長さ7.5 × 直径約1(cm) ■燃焼:約60分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市
1,110円
 税込 送料別 カードOK  レビュー6件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 色ろうそく 朔 5本入 和ろうそく 和ロウソク 和蝋燭 新月 真っ黒 漆黒 ブラック モダン 黒い キャンドル かわいい ロウソク 男前 クール おしゃれ 魔術用 雑貨 インテリア カフェ 和風 エコ ナチュラル エコ 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】  「大與 色ろうそく 朔 5本入 和ろうそく 和ロウソク 和蝋燭 新月 真っ黒 漆黒 ブラック モダン 黒い キャンドル かわいい ロウソク 男前 クール おしゃれ 魔術用 雑貨 インテリア カフェ 和風 エコ ナチュラル エコ 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】」の関連商品
三重県菰野町の道具屋さん「かもしか道具店」からだいこんおろしをがいっそう美味しく食べられるおろし器が登場しました。 陶器製なのでおろす時に発する摩擦熱が伝わらないので、べちゃっとしにくく、ふんわりシャキシャキの美味しいだいこんおろしができます。陶器製の突起は大根を荒くおろしてシャッキシャキ。大根そのものの栄養をしっかり含んだまま食べることができます。 金属製のおろし金のおろし刃と違い、陶器で作られた突起部分は危なくないので、どなたでも簡単におろしていただけます。 か...
2,860円
 税込 送料込 カードOK  レビュー6件  あなろ(インテリア雑貨) おろし器 鬼おろし 大根 だいこんのおろし器 かもしか道具店 日本製 [大根おろし 薬味 皿 食器 和食器 洗いやすい ふわふわ 保存 萬古焼 三重県 山口陶器 白 黒 茶 藍]  「おろし器 鬼おろし 大根 だいこんのおろし器 かもしか道具店 日本製 [大根おろし 薬味 皿 食器 和食器 洗いやすい ふわふわ 保存 萬古焼 三重県 山口陶器 白 黒 茶 藍]」の関連商品
【サイズ】φ12.6cm×H7.1cm 【重さ】約340g 【カラー】白&黒/ホワイト&ブラック ※画像と実物では色合いが違う場合がございます。 【素材】磁器 【手触り/質感】中央部分:さらりとしています。 側面&縞模様部分:ツルツルしています。キュッキュッと鳴るタイプです。 【見た目】中央部分:ツヤ無しです。鈍い光沢があります。 側面&縞模様部分:ツヤ有りです。ピカピカ光沢があります。 【ラップ】中央部分:ひっつきません。 側面&縞模様部分:ひっつきます。 【底/接地面】さらりとしています。 【取り扱い】電子レンジ○、食洗機○、直火×、オーブン× 【特徴】 【生産国】日本産/国産 【用途】ミニ丼物、お茶碗、汁物碗、小鉢、サラダボール、煮物鉢 【ご購入の前に必ずご確認ください】 ・当商品は撥水加工等の特殊な工程で釉薬を重ねます。釉薬を重ねる工程で小さなボロ(空中の埃やチリが付着して固まったもの)やリムの十草部分に釉薬ムラ、玉ができます。予めご理解いただいた上で、ご購入をお願いします。 ・マットブラックに仕上げた中央部分をナイフやフォーク等、堅い物で強くこすると傷がつきます。印象に残るおもてなし 「お待たせいたしました」 「わあ、おいしそう。このお皿も、すごくオシャレですね」 類を見ない独創的なデザイン D&Nだからこそ生まれるお客様とのコミュニケーションがある おもてなしはファーストインパクトで決まる 強烈なインパクトでお客様の心を瞬時に掴み、一気に弾ませる ふわりと軽くなった心から発せられる、自然な言葉 言葉はやがて会話になり 人の温かさと共に心に刻まれる 深く温かい印象はなかなか消えるものではありません 「そうだ、あのお店へ行こう」 群を抜いた独創的なデザイン 独創的なデザインは単に奇をてらって生まれた訳ではない 広めにとったリムに施された十草柄は 中央に盛り付けた料理をより立体的に引き立てる 集中線の役割を果たしている 心を込めて作る料理の事を考えてデザインするのは必然 その必然から偶然に生まれたD&Nの超個性的なデザインも 必然だったのかもしれない 日本陶器技術の粋 テーマは料理を最高潮にまで引き立てる器 そんな器を実現するには、 手間を惜しまない幾重もの工程と確かな技術力が必要である 丹精を込めて焼き上げられた器 ここからがD&Nの始まりとなる まずは器を充分に寝かせた後に 撥水成分を調合した独自の液体で十草柄を描く そして、器の全体に釉薬を施すと 撥水成分が塗られた部分が釉薬を弾き 立体的な十草柄を浮かび上がらせる 単なる印刷では辿り着けない究極の領域 職人の誇りが日本陶器技術の粋を実現しているのです プロの意見を反映 忙しい営業中 どれだけ気を使っていても食器は破損するもの なかでも多いのが食器の角が欠けてしまうチップ どれだけ微小な欠けであっても 大切なお客様へお出しする事はできません スクエアプレートはオシャレだからぜひ使いたい なによりお客様のウケも良い しかし角がある為にチップが多いのも事実 食器の破損は経営を圧迫する大きな要因の一つ なんとかなりませんか?? そこでD&Nは考えました スクエアプレートのデザイン特性を損なわずして角を無くすことで チップを極力避けるように設計されています また陶器ではなく硬質の磁器を素材に選ぶことで耐久性を高め 吸水性を少なくすることで臭いや汚れの付着を防ぎます もちろん業務用食洗機にも対応 破損を気にせずじゃぶじゃぶ洗えます 時代に合ったマルチデザイン このお皿は洋食器ですか?それとも和食器ですか? お客様から良くいただくお問い合わせです 答えは どちらでもどうぞ・・・です 和でも洋でも、いかようにも見えるデザインには理由があります 和食、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、中華料理、韓国料理・・・ 食のボーダーレス化と共に 自由な発想で料理を創作するお店が増えてきています そんな個性豊かな創作料理を違和感なく盛りつけられるように D&Nはいかようにも見えるマルチデザインなのです 芋の煮っ転がしからアクアパッツァまで みなさまの溢れるインスピレーションを活かし 個性豊かな創作料理をお楽しみください おこわを盛り付けてみました。 いつもの白米に3分の1だけもち米に代えて、 具材と調味料を入れて炊くだけでおこわが炊けます♪ そのまま炊いても美味しいですが、ちょこっとひと手間! 具材をフライパンで軽く炒めて、調味料も入れて、ひと煮立ちさせ、 汁ごと全部入れて炊くとさらにおいしくなりますよ(´艸`*) 卵ごはんを盛り付けてみました。 超シンプルですが、器の柄のおかげでちょっと高級な卵ごはんに 見えませんか??みんな大好きTKGヽ(^o^)丿 レンコン入り切り干し大根を盛り付けてみました♪ ちょっとした小おかずを盛り付けるのに使いやすい(*‘∀‘) 切り干し大根にレンコンを入れると、違う食感が加わりさらにおいしいです!! ちくわを入れたり、エノキを加えても◎!! 小芋の煮物を盛り付けてみました。 お茶碗としてだけじゃなく、小鉢としてもお使い頂けます(^_-)-☆ 内側に柄があるので、ちょっこっと載せるだけでも豪華に見えませんか?? 一気に小料理屋さんの一品に♪                   【D&N white】 野性味あふれるデザインが 料理に躍動感を与えてくれます。
472円
 税込 送料別 カードOK  レビュー6件  業務用食器 Dear Dish BASARA D&N ライスボウル12.5 お茶碗ミニ丼 白い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿中皿深皿  「D&N ライスボウル12.5 お茶碗ミニ丼 白い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿中皿深皿」の関連商品
「よろしかったら・・・。」さりげなく添えられるこんな一言に込められた、日本人の美しい気づかい。相手の暮らしを思い、好みを立てる気持ち。あなたのそんな心遣いを、そのまま贈ることのできるカタログギフトです。上品でありながら日常に溶け込み、暮らしをひとつクラスアップさせてくれるようなセンスのいいカタログギフトは贈り先様やご予算に合わせて、11種類のラインナップからお選びいただけます。専用化粧箱に入れてお贈りします。カタログの表紙・内容につきまして、ただ今...
5,445円
 税込 送料込 カードOK  レビュー5件  CONCENT (コンセント) カタログギフト リンベル RING BELL マゼラン&アイリス 送料無料 メッセージカード ギフト ラッピング 贈り物 ギフトカタログ グルメ プレゼント お祝い 内祝い お礼 結婚祝い 出産祝い 結婚内祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し お中元 お返し あす楽  「カタログギフト リンベル RING BELL マゼラン&アイリス 送料無料 メッセージカード ギフト ラッピング 贈り物 ギフトカタログ グルメ プレゼント お祝い 内祝い お礼 結婚祝い 出産祝い 結婚内祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し お中元 お返し あす楽」の関連商品
【サイズ】φ19.8cm×H6.8cm 【重さ】約428g 【カラー】黒/ブラック ※画像と実物では色合いが違う場合がございます。 【素材】磁器 【手触り/質感】中央部分:さらりとしています。 リム部分:ツルツルしています。キュッキュッと鳴るタイプです。 【見た目】中央部分:ツヤ無しです。鈍い光沢があります。 リム部分:ツヤ有りです。ピカピカ光沢があります。 【ラップ】中央部分:ひっつきません。 リム部分:ひっつきます。 【底/接地面】さらりとしています。 【取り扱い】電子レンジ○、食洗機○、直火×、オーブン× 【特徴】ワイドリム 【生産国】日本産/国産 【用途】パスタ皿、カレー皿、シチュー皿、スープ皿、サラダボール、デザートボール、煮込み料理、煮物鉢、丼物、ラーメン鉢、うどん鉢 【ご購入の前に必ずご確認ください】 ・当商品は撥水加工等の特殊な工程で釉薬を重ねます。釉薬を重ねる工程で小さなボロ(空中の埃やチリが付着して固まったもの)やリムの十草部分に釉薬ムラ、玉ができます。予めご理解いただいた上で、ご購入をお願いします。 ・マットブラックに仕上げた中央部分をナイフやフォーク等、堅い物で強くこすると傷がつきます。印象に残るおもてなし 「お待たせいたしました」 「わあ、おいしそう。このお皿も、すごくオシャレですね」 類を見ない独創的なデザイン D&Nだからこそ生まれるお客様とのコミュニケーションがある おもてなしはファーストインパクトで決まる 強烈なインパクトでお客様の心を瞬時に掴み、一気に弾ませる ふわりと軽くなった心から発せられる、自然な言葉 言葉はやがて会話になり 人の温かさと共に心に刻まれる 深く温かい印象はなかなか消えるものではありません 「そうだ、あのお店へ行こう」 群を抜いた独創的なデザイン 独創的なデザインは単に奇をてらって生まれた訳ではない 広めにとったリムに施された十草柄は 中央に盛り付けた料理をより立体的に引き立てる 集中線の役割を果たしている 心を込めて作る料理の事を考えてデザインするのは必然 その必然から偶然に生まれたD&Nの超個性的なデザインも 必然だったのかもしれない 日本陶器技術の粋 テーマは料理を最高潮にまで引き立てる器 そんな器を実現するには、 手間を惜しまない幾重もの工程と確かな技術力が必要である 丹精を込めて焼き上げられた器 ここからがD&Nの始まりとなる まずは器を充分に寝かせた後に 撥水成分を調合した独自の液体で十草柄を描く そして、器の全体に釉薬を施すと 撥水成分が塗られた部分が釉薬を弾き 立体的な十草柄を浮かび上がらせる 単なる印刷では辿り着けない究極の領域 職人の誇りが日本陶器技術の粋を実現しているのです プロの意見を反映 忙しい営業中 どれだけ気を使っていても食器は破損するもの なかでも多いのが食器の角が欠けてしまうチップ どれだけ微小な欠けであっても 大切なお客様へお出しする事はできません スクエアプレートはオシャレだからぜひ使いたい なによりお客様のウケも良い しかし角がある為にチップが多いのも事実 食器の破損は経営を圧迫する大きな要因の一つ なんとかなりませんか?? そこでD&Nは考えました スクエアプレートのデザイン特性を損なわずして角を無くすことで チップを極力避けるように設計されています また陶器ではなく硬質の磁器を素材に選ぶことで耐久性を高め 吸水性を少なくすることで臭いや汚れの付着を防ぎます もちろん業務用食洗機にも対応 破損を気にせずじゃぶじゃぶ洗えます 時代に合ったマルチデザイン このお皿は洋食器ですか?それとも和食器ですか? お客様から良くいただくお問い合わせです 答えは どちらでもどうぞ・・・です 和でも洋でも、いかようにも見えるデザインには理由があります 和食、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、中華料理、韓国料理・・・ 食のボーダーレス化と共に 自由な発想で料理を創作するお店が増えてきています そんな個性豊かな創作料理を違和感なく盛りつけられるように D&Nはいかようにも見えるマルチデザインなのです 芋の煮っ転がしからアクアパッツァまで みなさまの溢れるインスピレーションを活かし 個性豊かな創作料理をお楽しみください 『親子丼』を盛り付けてみました。 濃いめのだしにとろふわ玉子♪まちがいない!! 大きすぎず小さすぎず、普段使いにも重宝するサイズ感が良いですね♪ 『鶏と彩野菜の天丼 磯辺おろし添え』を盛り付けてみました。 がっつり食べたい丼といえば、 トップ3に必ず入るのが天丼♪ サクサクジューシー鶏天と磯辺おろしの相性は抜群ですね。 『豆乳粕汁』を盛り付けてみました。 今回は豆乳でアレンジしてみました。 豆乳には、美肌効果、便秘解消、貧血予防、抜け毛予防などなど嬉しい効果が(´艸`*) ただ過剰摂取は副作用があるので、飲みすぎには気を付けましょう!! 白いダシが黒い器で映えますね〜。 『スープギョウザ』を盛り付けてみました。 十分な深さがあるので、汁物もバッチリ! クールな器が簡単料理に特別感をプラス♪ 『豚キムチ丼』を盛り付けてみました。 食欲そそる豚キムチ丼♪ あの人気俳優S.Tも牛丼屋さんに行ったら、必ずこれを頼むとか(´∀`*)ウフフ 豚キムチを炒めて、焼肉のたれで味付け、最後にゴマ油をかけると間違いない!!                   【D&N black】 シンプルなのにさりげなく主張 クールな男のアーバンライフに
661円
 税込 送料別 カードOK  レビュー5件  業務用食器 Dear Dish BASARA D&N ボウル20 黒い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿大皿深皿  「D&N ボウル20 黒い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿大皿深皿」の関連商品
豆ろうそく カラーアソート ■寸法:長さ4.5cm ■燃焼:約15分 ■種類:ビビッドカラー アースカラー ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:小箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 長さが5cmにも満たない、ちっちゃな和ろうそく。 写真に用いているろうそく立ては「Iron Candle Holder - S」や「Iron Candle Holder - L」…… まめろうそく専用の陶製燭台「EN」もお勧めです。 受け皿や一輪挿しとして「スク...
1,480円
 税込 送料別 カードOK  レビュー5件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 米ぬかろうそく - まめ ビビッドカラー アースカラー 豆 カラフル 和ろうそく ミニチュア ミニサイズ ローソク アジアン 猫 鼠 短い オーガニック ヨガ 瞑想 キャンドル かわいい ロウソク おしゃれ 雑貨 インテリア カフェ モダン 贈り物 プレゼント  「大與 米ぬかろうそく - まめ ビビッドカラー アースカラー 豆 カラフル 和ろうそく ミニチュア ミニサイズ ローソク アジアン 猫 鼠 短い オーガニック ヨガ 瞑想 キャンドル かわいい ロウソク おしゃれ 雑貨 インテリア カフェ モダン 贈り物 プレゼント」の関連商品
陶製燭台 - RIPPOH(立方) ■寸法:幅4 × 奥行4 × 高さ4(cm) ■色 :白 黒 ベージュ ■素材:陶土、釉薬、鉄 ■用途:0.5号から2号ほどの蝋燭に ■装丁:箱入り ■製造:日本製 滋賀県高島市 小さいサイズのろうそくに適した、陶製の燭台。 美術館のエントランスに置いても違和感のなさそうなほど簡素でモダン。それでいて角が丸っこく、少しだけかわいいデザインが素敵です。 マンションの玄関や、出窓、庭やベランダなどの飾りなどでお使い頂いても、控えめでおしゃれなアクセントになります。 ・写真の和ろうそくは…… 「色ろうそく まめ」 「色ろうそく 花」 「櫨ろうそく 2号」 大きさの参考としてもご覧下さいませ。 「そろそろインテリアを新鮮な明かりで一新したい」 「自分の居場所や気分に合わせて持ち運べる明かりはないかな」 「快晴の朝や、雨もようの夕時、自然や季節の匂いを満喫したい」 和ろうそくの火は、きっとそんな方の気持ちに寄り添って、静かに揺らいでくれるはずです。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   陶製燭台 - RIPPOH(立方) ■寸法:幅4 × 奥行4 × 高さ4(cm) ■色 :白 黒 ベージュ ■素材:陶土、釉薬、鉄 ■用途:0.5号から2号ほどの蝋燭に ■装丁:箱入り ■製造:日本製 滋賀県高島市
1,600円
 税込 送料別 カードOK  レビュー4件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 陶製燭台 「 RIPPOH - 立方 」 白 黒 ベージュ 和ろうそく 火立て ろうそく立て キャンドルホルダー 灯立 小さい キャンドルスタンド ミニ 仏具 陶器製 四角 箱型 四角形 シンプル モダン 簡素 おしゃれ 和モダン 贈り物 ギフト プレゼント【お中元】  「大與 陶製燭台 「 RIPPOH - 立方 」 白 黒 ベージュ 和ろうそく 火立て ろうそく立て キャンドルホルダー 灯立 小さい キャンドルスタンド ミニ 仏具 陶器製 四角 箱型 四角形 シンプル モダン 簡素 おしゃれ 和モダン 贈り物 ギフト プレゼント【お中元】」の関連商品
【サイズ】φ19.8cm×H6.8cm 【重さ】約430g 【カラー】白&黒/ホワイト&ブラック ※画像と実物では色合いが違う場合がございます。 【素材】磁器 【手触り/質感】中央部分:さらりとしています。 リム部分:ツルツルしています。キュッキュッと鳴るタイプです。 【見た目】中央部分:ツヤ無しです。鈍い光沢があります。 リム部分:ツヤ有りです。ピカピカ光沢があります。 【ラップ】中央部分:ひっつきません。 リム部分:ひっつきます。 【底/接地面】さらりとしてい...
661円
 税込 送料別 カードOK  レビュー4件  業務用食器 Dear Dish BASARA D&N ボウル20 白い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿大皿深皿  「D&N ボウル20 白い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿大皿深皿」の関連商品
鉄製燭台 - 花ごよみ ■寸法:直径7 × 高さ4(cm) ■種類:梅 八重桜 桜 桔梗 椿 紫陽花 ■素材:鉄 真鍮 ■製法:自由鍛造 溶接 ■作者:山口耕一郎 ■製造:日本製 滋賀県高島市 鉄工芸作家 山口耕一郎の手によって仕上げられた丁寧な一品。ウメやサクラ、キキョウにアジサイなど、四季の花々を象った手作りの燭台です。 皿の角に真鍮でアクセントをつくり、淡白な印象を持たせません。重さがあるため、5号(五匁)ほどまでのろうそくを安定して立てることができます。 写真に用いているロウソクは…… 「絵ろうそく 12ヵ月の花セット」 「櫨ろうそく 2号」 「お米のろうそく 2号」 「色ろうそく 春夏秋冬」など。 持ってみると気が付く不思議なほどの重量感は、もともと重みのある鉄を鍛造することで、さらに密度を上げていることによります。 全体に施された鎚跡の手触りは、どの角に触れてもにわかに柔らかい感触。 雨の日の匂いや、曇りの日の情緒を静かに楽しむ照明器具としてもお使い下さい。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   鉄製燭台 - 花ごよみ ■寸法:直径7 × 高さ4(cm) ■種類:梅 八重桜 桜 桔梗 椿 紫陽花 ■素材:鉄、真鍮 ■製法:自由鍛造、溶接 ■作者:山口耕一郎 ■製造:日本製 滋賀県高島市
3,680円
 税込 送料別 カードOK  レビュー4件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 鉄製 燭台 - 花ごよみ 梅 八重桜 桜 桔梗 椿 紫陽花 フラワー 作品 火立て 仏具 灯立 キャンドルホルダー 和ろうそく 皿 花皿 キャンドル 真鍮 ブラス 鍛造 鎚目 インテリア 国産 茶の間 お茶席 お茶会 夜咄 茶道 男前 モダン 工芸品 贈り物 プレゼント ギフト  「大與 鉄製 燭台 - 花ごよみ 梅 八重桜 桜 桔梗 椿 紫陽花 フラワー 作品 火立て 仏具 灯立 キャンドルホルダー 和ろうそく 皿 花皿 キャンドル 真鍮 ブラス 鍛造 鎚目 インテリア 国産 茶の間 お茶席 お茶会 夜咄 茶道 男前 モダン 工芸品 贈り物 プレゼント ギフト」の関連商品
豆ろうそく 白・朱 ■寸法:長さ4.5cm ■燃焼:約15分 ■種類:白 朱 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:小箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 長さが5cmにも満たない、ちっちゃな和ろうそく。 写真に用いているろうそく立ては「Iron Candle Holder - S」と「Iron Candle Holder - L」。 小さくて可愛いまめろうそく専用の陶製燭台「EN」もお勧めです。 ろうそく同様に、小さいお香立て「 ボール 金 」や、「 ...
1,270円
 税込 送料別 カードOK  レビュー3件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 米ぬかろうそく - まめ 白 朱 和ろうそく 小さい蝋燭 和蝋燭 ミニチュア 豆 ミニサイズ ローソク 猫 鼠 短い キャンドル かわいいロウソク おしゃれな雑貨 インテリア小物 カフェ アジアン モダン シンプル 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】  「大與 米ぬかろうそく - まめ 白 朱 和ろうそく 小さい蝋燭 和蝋燭 ミニチュア 豆 ミニサイズ ローソク 猫 鼠 短い キャンドル かわいいロウソク おしゃれな雑貨 インテリア小物 カフェ アジアン モダン シンプル 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】」の関連商品
鉄製燭台 - 角皿(かどざら) ■寸法:直径7.5 × 高さ4.5(cm) ■素材:鉄、真鍮 ■装丁:化粧箱 ■製法:自由鍛造、溶接 ■作者:山口耕一郎 ■製造:日本製 滋賀県高島市 鉄工芸作家 山口耕一郎の手によって仕上げられた丁寧な一品。 皿の角に真鍮でアクセントをつくり、淡白な印象を持たせません。重さがあるため、5号(五匁)ほどまでのろうそくを安定して立てることができます。 持ってみると気が付く不思議なほどの重量感は、もともと重みのある鉄を鍛造することで、さらに密度を上げていることによります。 角皿という名に対して、全体に施された鎚跡の手触りは、どの角に触れてもにわかに柔らかい感触。 雨の日の匂いや、曇りの日の情緒を静かに楽しむ照明器具としてもお使い下さい。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   鉄製燭台 - 角皿(かどざら) ■寸法:直径7.5 × 高さ4.5(cm) ■素材:鉄、真鍮 ■装丁:化粧箱 ■製法:自由鍛造、溶接 ■作者:山口耕一郎 ■製造:日本製 滋賀県高島市
3,110円
 税込 送料別 カードOK  レビュー3件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 鉄製燭台 - 角皿 作品 本式 火立て 燭台 仏具 灯立 キャンドルホルダー キャンドルスタンド 和ろうそく燭台 和蝋燭台 重い 重厚 四方皿 四角形 四角皿 真鍮 インテリア 純国産 茶の間 お茶席 お茶会 夜咄 茶道 モダン 贈り物 プレゼント ギフト  「大與 鉄製燭台 - 角皿 作品 本式 火立て 燭台 仏具 灯立 キャンドルホルダー キャンドルスタンド 和ろうそく燭台 和蝋燭台 重い 重厚 四方皿 四角形 四角皿 真鍮 インテリア 純国産 茶の間 お茶席 お茶会 夜咄 茶道 モダン 贈り物 プレゼント ギフト」の関連商品
色ろうそく 春夏秋冬 各種 ■寸法:長さ7.5 × 直径約1(cm) ■燃焼:約60分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:各季節の箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 色ろうそく、「春夏秋冬」。 季節にさまざまな草花や事象の色を込めたロウソクです。春のタンポポや桜色、夏の深緑が映り込む水面、秋の稔りや紅葉、そして雪の白に遠い山影の霞色。お好みの季節をお選び下さい。 色ろうそくはすべてお米のヌカに含まれる蝋(ろう)から作られています。蝋の垂れ...
1,590円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 和ろうそく - 春夏秋冬 各種 和蝋燭 仏具 四季 季節 カラフル おしゃれ キャンドル 米 和 ろうそく かわいい ロウソク 日本の四季 季節感 高級 仏具 ローソク 工芸品 お洒落 雑貨 インテリア モダン アジアン 小物 ナチュラル 女性 贈り物 プレゼント  「大與 和ろうそく - 春夏秋冬 各種 和蝋燭 仏具 四季 季節 カラフル おしゃれ キャンドル 米 和 ろうそく かわいい ロウソク 日本の四季 季節感 高級 仏具 ローソク 工芸品 お洒落 雑貨 インテリア モダン アジアン 小物 ナチュラル 女性 贈り物 プレゼント」の関連商品
お米のろうそく 2号 12本入り ■寸法:高さ12 × 直径1(cm) ■燃焼:約70分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 お米のろうそくは、お米のヌカに含まれる蝋(ろう)のみで作られています。蝋の垂れや、油煙が少なく、安心してお使いいただけます。 ひたすら地下から汲みだしてしまうだけの石油資源とは異なり、人が手をかければ枯渇することのない植物資源を用いた、心地よい日用品。 落ち着きのあるレトロなパッケージに入った、無香料・無着色、純植物性の和ろうそくです。 こちらにおすすめの燭台は…… 「Iron Candle Holder - L」 「鉄製燭台 花ごよみ」 「陶器燭台 豆皿」 「2way Candle Holder」などです。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   お米のろうそく 2号 12本入り ■寸法:高さ12 × 直径1(cm) ■燃焼:約70分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市
1,280円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 和ろうそく お米のろうそく 2号 12本入り 箱入 純国産 二匁 和ろうそく 和蝋燭 美しい日用品 ナチュラル スティック キャンドル ほぼ無臭 無煙 垂れない ローソク 和風照明 贈り物 プレゼント ギフト japanese ricebran candle メール便 【お中元】  「大與 和ろうそく お米のろうそく 2号 12本入り 箱入 純国産 二匁 和ろうそく 和蝋燭 美しい日用品 ナチュラル スティック キャンドル ほぼ無臭 無煙 垂れない ローソク 和風照明 贈り物 プレゼント ギフト japanese ricebran candle メール便 【お中元】」の関連商品
お米のティーライトキャンドル 6個 ■寸法:直径3.8 × 高さ1.5(cm) ■燃焼:約180分 ■材料:米糠蝋、真綿 ■製法:型入れ ■装丁:箱入り ■製造:日本製 滋賀県高島市 よく見る形のカップキャンドルですが、成分は大違い。石油原料ではなく、お米のぬかから作るろうそくです。 石油蝋燭と大きく違う点は、なんといっても油煙のいやな匂いがしないこと。もともとアロマポットや茶香炉、キャンドル式コーヒーウォーマーを温めるためにあるろうそくですから、煙の...
885円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 お米のティーライトキャンドル 6個入り カップ型 六個 ティーキャンドル ロウソク ローソク 蝋燭 国産 無臭 高級 コーヒーウォーマー 家庭用 キャンドル 卓上 カフェ お店 加熱用 アロマ用 ティーウォーマー ナチュラル 珈琲 紅茶 中国茶 ギフト プレゼント  「大與 お米のティーライトキャンドル 6個入り カップ型 六個 ティーキャンドル ロウソク ローソク 蝋燭 国産 無臭 高級 コーヒーウォーマー 家庭用 キャンドル 卓上 カフェ お店 加熱用 アロマ用 ティーウォーマー ナチュラル 珈琲 紅茶 中国茶 ギフト プレゼント」の関連商品
櫨ろうそく - トライアル ■種類:1号 2号 3号 4号 5号 ■素材:櫨蝋、真綿、い草 ■製法:手掛け ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 モダンな紙箱のパッケージで送る、大與さんの櫨ろうそく。 ミニマムなインテリアにもぴったりなこの新装丁は、和ろうそくという伝統工芸品の美しさと、生活のなかで小さな火に向き合う豊かな時間をもっと世の中に浸透させたいという思いから作られました。 青みがかったグレーの箱が、櫨ろうそくの淡いグリーンとよく調和しています。 1号から5号までの大きさから、お好みの一種類をお選び下さい。 ・サイズとおすすめのろうそく立て 1号:8本入り、長さ約10cm、燃焼時間は約30分。 2号:6本入り 長さ約12cm、燃焼時間は約40分。 1号と2号はころんとミニサイズ、写真の「2way Candle Holder」や、または「立方 - rippoh」のような、芯の細い、小さい燭台をお使い下さい。 ティータイムや仕事合間の読書など、ちょっとした息抜きの時間におすすめのサイズです。 3号:4本入り、長さ約13.5cm、燃焼時間は約70分。 4号:3本入り、長さ約15cm、燃焼時間は約90分。 5号:2本入り、長さ約15.5cm、燃焼時間は約110分。 こちらの3つは、部屋のなかに据えたときにボリュームを感じるサイズ。燃焼時間も長めで、3号はだいたい一時間ほどと小気味よく、5号は2時間前後の燃焼時間がちょうどよいということで、茶道や夜噺にも用いられることもある大きさです。 重みがあるので、写真の「角皿」や同様に鉄製の「花ごよみ」、または「Iron Candle Holder - L」のような、バランスのよい鉄製の燭台をお使い下さい。 飾っておくだけでも空気がピリッと引き締まるのは、大きめの手掛けろうそくならではの特長。インテリアをコーディネートする選択肢のひとつとしてもおすすめのサイズです。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   櫨ろうそく - トライアル ■種類:1号 2号 3号 4号 5号 ■素材:櫨蝋、真綿、い草 ■製法:手掛け ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市
1,590円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 櫨ろうそく トライアル - 1号 2号 3号 4号 5号 和ろうそく haze 櫨 はぜ ハゼ ローソク 和蝋燭 アジアン オーガニック ボタニカル ヨガ 瞑想 スティックキャンドル おしゃれ モダン 仏具 小物 お洒落 雑貨 和 雑貨 高級 カフェ 贈り物 プレゼント 国産  「大與 櫨ろうそく トライアル - 1号 2号 3号 4号 5号 和ろうそく haze 櫨 はぜ ハゼ ローソク 和蝋燭 アジアン オーガニック ボタニカル ヨガ 瞑想 スティックキャンドル おしゃれ モダン 仏具 小物 お洒落 雑貨 和 雑貨 高級 カフェ 贈り物 プレゼント 国産」の関連商品
色ろうそく 月 - Tsuki ■寸法:長さ7.5 × 直径約1(cm) ■燃焼:約60分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 雪月花シリーズ、「月 - Tsuki」。 日暮れ時のピンク色や怪しい菫色、月輪の深い緑色。月の持つ厳かな力をイメージした色ろうそくです。表面にパール加工を施し、他の色ろうそくとは違った風合いをお楽しみ頂けます。 色ろうそくはすべてお米のヌカに含まれる蝋(ろう)から作られています。蝋の垂れ...
1,180円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 色ろうそく - 月 5本入 箱入 和ろうそく ムーン moon お月さま カラフル キャンドル おしゃれ かわいい 暮色 黄色 白 緑色 菫色 お洒落な雑貨 インテリア カフェ モダン ナチュラル 贈り物 プレゼント ギフト japanese ricebran candle【お中元】  「大與 色ろうそく - 月 5本入 箱入 和ろうそく ムーン moon お月さま カラフル キャンドル おしゃれ かわいい 暮色 黄色 白 緑色 菫色 お洒落な雑貨 インテリア カフェ モダン ナチュラル 贈り物 プレゼント ギフト japanese ricebran candle【お中元】」の関連商品
芯切りバサミ - 茶塗装 ■寸法:長さ13 × 幅1.5 × 高さ1.2(cm) ■素材:鉄 ■仕上:ラッカー塗装 ■製造:日本製 滋賀県高島市 和ろうそくの芯を切るための鋏です。 和ろうそくをお使いになったことがある方はすでにご存知の通り、西洋ろうそくとは異なり、日本のろうそくは燃え進んでも芯がなくならず、そのために風に強く、火が美しいという特長があります。 その反面、い草を留めて作る灯芯は真っ黒に炭化してなお燃え続け、そうして芯があまり長くなってしまうと火もどんどん大きくなるため、特に長いろうそくほど燃えていく途中で芯切りをして、火に手を入れる必要があります。なにしろ、火が大きくなりすぎるとロウが減るのもそれだけ早くなるうえ、火が二股に分かれてしまったり、もはや正体不明の燃え方をしたりと、なかなか大変なことに。 そこで芯切りばさみやピンセット、あるいは火箸の先でちょちょっと芯を取り除くと、何事もなかったかのようにきれいな火に戻ります。 ライター、バーナー、コンロ、ランプなど火を灯す道具は数あれど、和蝋燭ほどさりげなく、直に火に接することのできるものは他にはありません。 こちらの芯切り鋏には、ラッカーを塗装した「茶」と、焼締めた鉄の色合いのみで仕上げる「黒」の二種類がございます。 「少しだけ手を入れる」「火を育てる」という、便利や手軽さといった合理性だけでは説明できない、和ロウソクならではの醍醐味をお味わい下さい。 近江手造り和ろうそく 大與 ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・芯切り後にはつまみの先が非常に熱くなりますので、お気を付けてお取り扱い下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみで不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 文房具 事務用品 / Stationery 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   芯切りバサミ - 茶塗装 ■寸法:長さ13 × 幅1.5 × 高さ1.2(cm) ■素材:鉄 ■仕上:ラッカー塗装 ■製造:日本製 滋賀県高島市
1,800円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 芯切りばさみ - 茶塗装 和蝋燭 仏具 日本ロウソク 鋏 和ろうそく ピンセット 芯取り 芯つまみ 蝋燭用の火バサミ キャンドル 和ロウソク 国産 古風 レトロ シンプル 茶道道具 夜噺 お茶会 お寺 寺院用 日本の伝統的な日用品【お中元】  「大與 芯切りばさみ - 茶塗装 和蝋燭 仏具 日本ロウソク 鋏 和ろうそく ピンセット 芯取り 芯つまみ 蝋燭用の火バサミ キャンドル 和ロウソク 国産 古風 レトロ シンプル 茶道道具 夜噺 お茶会 お寺 寺院用 日本の伝統的な日用品【お中元】」の関連商品
お買い物カゴ上でご案内の納期が目安となります。仕入先の在庫状況により納期が変動いたしますので、確認後メールにて納期回答させていただきます。商品説明九谷焼350年の歴史を5つの絵柄で楽しめる盃セットです。色鮮やかな色彩で描かれた絵付けはどれも個性的で、その日の気分や料理に合わせてお楽しみいただけます。また、ちょっとした酒の肴を盛り付ける豆皿としても使えるので晩酌で大活躍してくれます。商品情報 ショップ品番:k-4-1218 材質:陶器 寸法:直径:7.5...
14,300円
 税込 送料別 カードOK  レビュー2件  伝統本舗 【LINE友達で300円OFFクーポン】 九谷焼 組盃 時代絵2 ( 時代絵 木箱名入れ有料 九谷焼 結婚 出産 内祝い 引き出物 金婚式 誕生日プレゼント 還暦祝い 古希 喜寿 米寿 退職 定年 プレゼント お祝い お返し お礼 令和 両親 父 母 男性 女性 日本製 おすすめ )  「【LINE友達で300円OFFクーポン】 九谷焼 組盃 時代絵2 ( 時代絵 木箱名入れ有料 九谷焼 結婚 出産 内祝い 引き出物 金婚式 誕生日プレゼント 還暦祝い 古希 喜寿 米寿 退職 定年 プレゼント お祝い お返し お礼 令和 両親 父 母 男性 女性 日本製 おすすめ )」の関連商品
色ろうそく 十色 - Toiro ■寸法:長さ7.5 × 直径約1(cm) ■燃焼:約60分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 色ろうそく、「 十色 / Toiro 」。 パステルカラーからダルトーンまで、大人っぽいとも子どもらしいとも、何ともいえない色合いのカラーアソートです。 色とは不思議なもので、こうして並べているのをじっと見ているだけで、なんとなくそれぞれの性格やしゃべり方が浮かんでくるような気がするような、しないような。 いやあなるほど……十人十色。 色ろうそくはすべてお米のヌカに含まれる蝋(ろう)から作られています。蝋の垂れや、油煙が少なく、安心してお使いいただけます。 ひたすら地下から汲みだしてしまうだけの石油資源とは異なり、人が手をかければ枯渇することのない植物資源を用いた、心地よい日用品です。 大與さんの色ろうそくには、新月の夜や宇宙を表現した「天体シリーズ」、四季の移り変わりを色に込めた「春夏秋冬シリーズ」、自然界に溢れる色をあらわした「花鳥風月」や「虹」などがございます。 雨の日の匂いや、曇りの日の情緒を静かに楽しむ、やさしい照明としてもお使い下さい。 写真のろうそく立ては「Iron Candle Holder - S」を用いております。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   色ろうそく 十色 - Toiro ■寸法:長さ7.5 × 直径約1(cm) ■燃焼:約60分 ■素材:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:箱入 ■製造:日本製 滋賀県高島市 こちらにおすすめの燭台は…… 「Iron Candle Holder - S」 「陶器燭台 rippoh」 「鉄製燭台 角皿」 「鉄製燭台 花ごよみ」などです。
2,020円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 色ろうそく - 十色 Toiro 10本入 和ろうそく 和ロウソク 和蝋燭 キャンドル かわいい 優しい ロウソク おしゃれ 箱入り 雑貨 インテリア カフェ 和風 スイーツカラー マルチカラー エコ ナチュラル 無香 Candle Bougie 工芸 贈り物 プレゼント ギフト  「大與 色ろうそく - 十色 Toiro 10本入 和ろうそく 和ロウソク 和蝋燭 キャンドル かわいい 優しい ロウソク おしゃれ 箱入り 雑貨 インテリア カフェ 和風 スイーツカラー マルチカラー エコ ナチュラル 無香 Candle Bougie 工芸 贈り物 プレゼント ギフト」の関連商品
Blanc(ブラン) - choko rin ■サイズ:直径60 × 高さ40(mm) ■成型:ロクロ挽き ■素材:透光性磁器土 ■施釉:内・外側共に釉薬をかけず焼き締めております。 ■ケース:化粧箱 ■製作:日本製 石川県小松市 土を作るのは粘土屋さん。 その土で器を創るのは陶芸家や作家さん。 では、陶芸家でも作家さんでもなく、「粘土屋さん」が器を創ったなら、それはいったいどんなものになるのでしょう? 谷口製土所さんは、九谷焼の素材となる"花坂陶石"から磁器土を作り続けて六十数年...
6,100円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  ココショク 日本の手仕事雑貨 choko rin 【 blanc HANASAKA(ブラン ハナサカ)】 象牙の肌をして、すこし無口で、しっとりと時間に調和するおちょこ。絵付けも施釉もしない、素肌の九谷焼。端がとても薄くシャープで、口へ滑るように少しずつ、上品にお酒を楽しめる、花のような可愛らしいデザイン。  「choko rin 【 blanc HANASAKA(ブラン ハナサカ)】 象牙の肌をして、すこし無口で、しっとりと時間に調和するおちょこ。絵付けも施釉もしない、素肌の九谷焼。端がとても薄くシャープで、口へ滑るように少しずつ、上品にお酒を楽しめる、花のような可愛らしいデザイン。」の関連商品
【サイズ】22.5cm×22.5cm×H3.5cm 【重さ】約579g 【カラー】黒/ブラック ※画像と実物では色合いが違う場合がございます。 【素材】磁器 【手触り/質感】中央部分:さらりとしています。 リム部分:ツルツルしています。キュッキュッと鳴るタイプです。 【見た目】中央部分:ツヤ無しです。鈍い光沢があります。 リム部分:ツヤ有りです。ピカピカ光沢があります。 【ラップ】中央部分:ひっつきません。 リム部分:ひっつきます。 【底/接地面】さらりとしています。 【取り扱い】電子レンジ○、食洗機○、直火×、オーブン× 【特徴】スクエア、ワイドリム 【生産国】日本産/国産 【用途】パスタ皿、メーン料理、オードブル盛り合わせ、前菜盛り合わせ、ランチプレート、デザートプレート、ピザ皿、パスタ皿【ご購入の前に必ずご確認ください】 ・当商品は撥水加工等の特殊な工程で釉薬を重ねます。釉薬を重ねる工程で小さなボロ(空中の埃やチリが付着して固まったもの)やリムの十草部分に釉薬ムラ、玉ができます。予めご理解いただいた上で、ご購入をお願いします。 ・マットブラックに仕上げた中央部分をナイフやフォーク等、堅い物で強くこすると傷がつきます。印象に残るおもてなし 「お待たせいたしました」 「わあ、おいしそう。このお皿も、すごくオシャレですね」 類を見ない独創的なデザイン D&Nだからこそ生まれるお客様とのコミュニケーションがある おもてなしはファーストインパクトで決まる 強烈なインパクトでお客様の心を瞬時に掴み、一気に弾ませる ふわりと軽くなった心から発せられる、自然な言葉 言葉はやがて会話になり 人の温かさと共に心に刻まれる 深く温かい印象はなかなか消えるものではありません 「そうだ、あのお店へ行こう」 群を抜いた独創的なデザイン 独創的なデザインは単に奇をてらって生まれた訳ではない 広めにとったリムに施された十草柄は 中央に盛り付けた料理をより立体的に引き立てる 集中線の役割を果たしている 心を込めて作る料理の事を考えてデザインするのは必然 その必然から偶然に生まれたD&Nの超個性的なデザインも 必然だったのかもしれない 日本陶器技術の粋 テーマは料理を最高潮にまで引き立てる器 そんな器を実現するには、 手間を惜しまない幾重もの工程と確かな技術力が必要である 丹精を込めて焼き上げられた器 ここからがD&Nの始まりとなる まずは器を充分に寝かせた後に 撥水成分を調合した独自の液体で十草柄を描く そして、器の全体に釉薬を施すと 撥水成分が塗られた部分が釉薬を弾き 立体的な十草柄を浮かび上がらせる 単なる印刷では辿り着けない究極の領域 職人の誇りが日本陶器技術の粋を実現しているのです プロの意見を反映 忙しい営業中 どれだけ気を使っていても食器は破損するもの なかでも多いのが食器の角が欠けてしまうチップ どれだけ微小な欠けであっても 大切なお客様へお出しする事はできません スクエアプレートはオシャレだからぜひ使いたい なによりお客様のウケも良い しかし角がある為にチップが多いのも事実 食器の破損は経営を圧迫する大きな要因の一つ なんとかなりませんか?? そこでD&Nは考えました スクエアプレートのデザイン特性を損なわずして角を無くすことで チップを極力避けるように設計されています また陶器ではなく硬質の磁器を素材に選ぶことで耐久性を高め 吸水性を少なくすることで臭いや汚れの付着を防ぎます もちろん業務用食洗機にも対応 破損を気にせずじゃぶじゃぶ洗えます 時代に合ったマルチデザイン このお皿は洋食器ですか?それとも和食器ですか? お客様から良くいただくお問い合わせです 答えは どちらでもどうぞ・・・です 和でも洋でも、いかようにも見えるデザインには理由があります 和食、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、中華料理、韓国料理・・・ 食のボーダーレス化と共に 自由な発想で料理を創作するお店が増えてきています そんな個性豊かな創作料理を違和感なく盛りつけられるように D&Nはいかようにも見えるマルチデザインなのです 芋の煮っ転がしからアクアパッツァまで みなさまの溢れるインスピレーションを活かし 個性豊かな創作料理をお楽しみください 『彩野菜とチーズオムレツ』を盛り付けてみました。 色彩豊かな夏野菜のソテーに、トロトロのチーズオムレツ♪ 夏野菜をしっかり食べて、夏バテ防止に!!(*^▽^*) 『焼きそば』を盛り付けてみました。 たまにがっつり食べたくなる焼きそば。 焼きそばをてんこ盛りに盛り付けてもカッコいいお皿です(´艸`*) 『イワシの煮付け』を盛り付けてみました。 地味になりがちなイワシですが、真ん中に2匹盛り付け、 差し色にインゲンをon! するとどうでしょう?かっこいいリム(ふち)があるおかげで、 小料理屋さんの一品に!(^^)! 『厚揚げの焼いたん&明石蛸のお刺身』を盛り付けてみました。 外はカリッっと、厚揚げに薬味、最高!ヽ(^o^)丿 明石蛸はやはりいつも食べている蛸とは違います。 コリコリで味が濃い! お酒のあてプレートのできあがり♪ 『豚肉と野菜炒め』を盛り付けてみました。 塩コショウ、鶏がらスープの素で味付け。 シンプルな料理もこのお皿に盛り付ければかっこいい一品に(´▽`*) ブロッコリーの炒め加減が一番のポイントですね♪ 柔らかくなりすぎないように、ちょっと食感を残すのが一番おいしい☆彡                   【D&N black】 シンプルなのにさりげなく主張 クールな男のアーバンライフに
909円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  業務用食器 Dear Dish BASARA D&N スクエアプレート22.5 黒い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿大皿平皿  「D&N スクエアプレート22.5 黒い陶器磁器の食器 おしゃれな業務用洋食器 お皿大皿平皿」の関連商品
お米のブロックキャンドル - M ■寸法:高さ16cm × 直径7(cm) ■燃焼:およそ92時間 ■素材:米ぬか蝋 ■用途:テーブルウェア、バスルーム、食事用に ■装丁:単品 ボール箱入り ■製造:日本製 滋賀県高島市 お米のワックスだけで作られる、嫌な臭いや煙、黒いススのほとんどでないブロックキャンドル。 蝋涙(ロウの垂れ)も少ないため、清潔感のあるすがたのままでお使い頂けます。 こちらには洋ろうそくと同じ「糸」を芯として用いているため、芯切りの必要はござい...
4,360円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 お米のブロックキャンドル M 和ろうそく テーブル用 キャンドル ろうそく 蝋燭 ローソク 太い 大きい ビッグ おしゃれ 高級 手作り モダン バスグッズ レストラン用 長時間 香りなし 無臭 無煙 イタリアン フレンチ カフェ おすすめ 日本製 国産【敬老の日】  「大與 お米のブロックキャンドル M 和ろうそく テーブル用 キャンドル ろうそく 蝋燭 ローソク 太い 大きい ビッグ おしゃれ 高級 手作り モダン バスグッズ レストラン用 長時間 香りなし 無臭 無煙 イタリアン フレンチ カフェ おすすめ 日本製 国産【敬老の日】」の関連商品
お米のティーライトキャンドル 60個 ■寸法:直径3.8 × 高さ1.5(cm) ■燃焼:約180分 ■材料:米糠蝋、真綿 ■製法:型入れ ■装丁:箱入り ■製造:日本製 滋賀県高島市 よく見る形のカップキャンドルですが、成分は大違い。石油原料ではなく、お米のぬかから作るろうそくです。 石油蝋燭と大きく違う点は、なんといっても油煙のいやな匂いがしないこと。もともとアロマポットや茶香炉、キャンドル式コーヒーウォーマーを温めるためにあるろうそくですから、煙の匂いが混ざってしまわないのは嬉しいものです。 香りの細部にこだわりのある方、パラフィン蝋燭の匂いが苦手な方は、ぜひ一度お試しください。 こちらのお品には6個入りと60個入りがございますほか、ティーライトと和ろうそくどちらにもお使い頂ける「2way candle holder」もご用意致しております。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products     近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   お米のティーライトキャンドル 60個 ■寸法:直径3.8 × 高さ1.5(cm) ■燃焼:約180分 ■材料:米糠蝋、真綿 ■製法:型入れ ■装丁:箱入り ■製造:日本製 滋賀県高島市
7,420円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 お米のティーライトキャンドル 60個入り カップキャンドル 六十個 お徳用 業務用 ロウソク ローソク 蝋燭 国産 無香性 無香料 無臭 高級 植物蝋燭 家庭用 卓上 食事 カフェ お店 加熱用 アロマ用 ティーウォーマー ナチュラル 珈琲 紅茶 中国茶 ギフト プレゼント  「大與 お米のティーライトキャンドル 60個入り カップキャンドル 六十個 お徳用 業務用 ロウソク ローソク 蝋燭 国産 無香性 無香料 無臭 高級 植物蝋燭 家庭用 卓上 食事 カフェ お店 加熱用 アロマ用 ティーウォーマー ナチュラル 珈琲 紅茶 中国茶 ギフト プレゼント」の関連商品
Butterfly tea&mug gift set / バタフライティー・マグ ギフトセット バタフライティー - 「Loving(ラヴィング)」 ■内容:2.5g × 5袋 ■生産地:インド・スリランカ・中国・日本・フランスなど ■フレーバー:紅茶とフルーツの香りのミックスフレーバー バタフライマグ - blue(ブルー) ■サイズ:直径69 × 90(mm) ■成型:ロクロ挽き ■材質:透光性磁器土 ■施釉:透明釉 ■ケース:化粧箱 ■製作:日本製 石川県小松市 土...
3,950円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  ココショク 日本の手仕事雑貨 バタフライティー マグ blue&Loving「九谷焼」の粘土屋さんが提案する、ちょっと風変わりでおしゃれなマグカップと、お揃い紅茶のセット。タグとカップがペア、ペアで揃えればあの人ともペアでペア。ある意味……究極のペアセットです。 谷口製土所【お中元】  「バタフライティー マグ blue&Loving「九谷焼」の粘土屋さんが提案する、ちょっと風変わりでおしゃれなマグカップと、お揃い紅茶のセット。タグとカップがペア、ペアで揃えればあの人ともペアでペア。ある意味……究極のペアセットです。 谷口製土所【お中元】」の関連商品
絵ろうそく 蓮柄と菊柄 ■寸法:高さ10.8 × 直径約1.4(cm) ■号数:碇型3号 ■材料:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:化粧箱 ■製造:日本製 滋賀県高島市 絵ろうそくは東北地方を発祥としています。寒さの厳しい東北では、冬季、仏花を手に入れることが非常に困難でした。先人たちは、ろうそくに仏花の絵を描き、仏様にお供えしました。 夏場、お花が痛みやすい時期や、お花のないときなどに、仏花としてご使用いただけます。 また、お部屋のインテリアとしてもご使用いただけます。 表記の「号」は和ろうそくの寸法を示し、大きいろうそくほど燃焼時間も長くなります。 1号から5号までは小さな燭台でも安定して直立しますので、ご家庭用やご進物用、和食店や茶屋などのお店用にも扱いやすい大きさです。 こちらにおすすめの燭台は…… 「Iron Candle Holder - S」 「鉄製燭台 花ごよみ」 「陶器燭台 rippoh」 「陶器燭台 豆皿」などです。 近江手造り和ろうそく大與 (だいよ) ・ろうそくの素材と選び方 - 米ぬか 米ぬかろうそくに特徴的なのは、硬質でつるっとした肌合い、そして色ろうそくシリーズや豆ろうそくのカラーリングなど、ほどよい遊び心を含んだそのモダン性。火の力強さや美しさは、さすがにハゼ蝋燭には数歩譲りますが、蝋の垂れが少なく、芯がとても長持ちするという点、そしてお部屋にそっと溶け込むパッケージの雰囲気など、日常の中で使い心地の良さを味わえるのが米ぬかのろうそくです。 ・ろうそくの素材と選び方 - 櫨(ハゼ) ハゼろうそくの長所は何といっても、しっとりした独特な手触りと、これ以上はないといえるほどの火の美しさ。幾重にも薄く手掛けされてできる層にはどれ一本として同じものがなく、それはつまり、一本一本が唯一無二のリズムと呼吸を持っているということです。ときおり風もないのに不思議に波打つ様は、まるでそこに宿る小さな意思が、声なくこちらを見守っているかのようです。 どちらも特徴は異なれど、ときどき手に取って眺めたくなる味わいを持つ、真摯な逸品。 い草の煙も香しい、霊前供養の灯火として。毎日をすこしだけ清らかなものに変えてくれる、美しい日用品として。また書き物や読書の時間に、すこし名状しがたいような深い安らぎを与えてくれる明かりとしてお使い下さいませ。 お確かめ頂きたいこととお願い ・炎の周辺、特に上部には十分な空間をお取り下さい。 ・高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。 ・燃焼中、残芯が長くなりましたら、根元を1cmほど残し、芯切りばさみやピンセット等で不燃皿などへ取り除いて下さい。 ・消灯後は黒い部分を取り除かず、そのまま次の点火にご利用下さい。 ・すべてが手作業による品ですので、表記のサイズとはわずかに誤差が生じる場合もございますが、これも手づくり品の良さとお考え頂き、お傍でお使い頂ければ心より幸いでございます。 ジャンル・カテゴリーで探す 和ろうそく キャンドルホルダー / Japanese candle お香立て インセンス 仏具 / Incense equipment インテリアアクセサリー / Home accessorie 和装小物 ファッション / Clothing & Fashion 文房具 事務用品 / Stationery コップ グラス 酒器 / Cup & Glass 食器 カトラリー / Dining ware 包丁 調理器具 / Japanese kitchenware インテリア照明 / Lighting equipment 日本製時計 / Clock ガーデニング 園芸用品 / Gardening equipment さまざまな素材から探す 銅製品 - Copper products 鉄製品 - Iron products 錫製品 - Tin products 陶磁器 - Porcelain 木製品 ウッド / Wooden products ガラス器 硝子工芸 / Glass products   近江手づくり和ろうそく - 大與(だいよ) 春夏秋冬の花をあしらった『絵ろうそく』。九州で採れるハゼの実から作る『櫨のろうそく』。 小指半分ほどの大きさ、小さな小さな『豆ろうそく』に、2011年にグッドデザイン賞を受賞した『お米のろうそく』。 大與さんは、初代の大西與一郎さんから現在の四代目 大西巧(さとし)さんまで、 かれこれ100年以上も和蝋燭のセンスと技術を伝え続けている老舗です。 1984年、滋賀県の伝統工芸品に指定、2010年には曹洞宗の大本山、永平寺の御用達として命じられました。 ところで大與さんは、それほどの由緒ある伝統工芸に携わりながら、 現状に甘んじて技術を保つだけに留まってはいません。 新しい原材料に目を向けたり、ろうそくに施す「色彩」によって季節を表現する試み、 デザイナーさんとの共同でパッケージの革新を推し進めたり……。 ほっこり暖かくて、そこはかとなくモダン。 灯した火がすうっと立ち上がる瞬間、少しだけ周りが「しん」となる感覚や、 それがやがて「じーん」に変わる、したたかに呼吸するかのような火の質はそのままに。  和ろうそくと洋ろうそくの違い 上の写真は「手掛け」と「色つけ」という工程です。 和紙の上にい草の随を巻き、真綿で留めて作る、ろうそくの灯心。 その灯芯に溶かした櫨蝋を手で塗りこめ、乾かし、そしてまた塗って…… その下掛けで土台ができあがると、次はさらに純度の高い櫨蝋を塗って、また乾かして…… 一人前の和ろうそくの職人になるには、10年はかかるそうです。 なにぶん常温では固まってしまう櫨蝋が相手ですから、鍋の状態、その日の気温や湿度はもちろん、 自分自身の心の状態によっても、一度に手掛けできる本数や出来栄えが変わってきてしまうとのこと。 そうしたあらゆる変化を含めて、10回季節の移ろいを経験すれば、同じ品質のものを作れる…… と、そんな気の遠くなるような修練が必要なのは、扱いが難しく、 だからこそ手づくりする必要のある、100%植物の油を用いた「和ろうそく」の場合だけ。 一方、一般に量販されているロウソクは石油、つまり動物性の油が原料であり、 ヨーロッパを起源とするこちらは「洋ろうそく」と呼ばれています。 例えば包装は和紙、仏花柄がプリントしてあり、お値段が張って、 仏具屋さんで売っていたとしても、石油から作られていればそれは「和風の洋ろうそく」。 アロマキャンドルやカップキャンドルなども、すべて洋ろうそくです。 石油をもとにつくられるパラフィンを型に流し込んで固め、ぶつ切りにして作るものですから、 原料費がとても安く、機械で量産できるというメリットがあります。 一方で弱点は……この項をご覧になっている方でしたら、すでにご存知かもしれません。 芯の糸は細く、ライターの火と同じように風に弱いこと。元が石油なので黒煙が多いこと。数本をしばらく点けていると、油煙でお部屋が少しベタつくあの感じ……。 そして何よりも、なんだか無機質な火の表情。 とはいえ、量産・大量供給できるからこその低価格。 パラフィンは非常に安定した化合物なので、型入れや香りづけもしやすく、 おしゃれで使いやすい、すてきな製品を作っているメーカーさんもいらっしゃいます。  お米の蝋燭に、作家さんの燭台も さて、100%植物性といえば……上記の伝統的な櫨に加えて、さすがはお米の国(滋賀県はお米の名産地でもあります。特に『みずかがみ』は泣ける美味しさ!)で四代続くお店さん、お米の糠(ぬか)からも和ろうそくを作っていらっしゃいます。 1990年台に起きた長崎県雲仙普賢岳の大噴火の影響で供給が難しくなった櫨の実に代わり、米ぬかの蝋分を利用することで生まれた、比較的新しい和ろうそくです。 光の力強さや奥深さは櫨蝋には及びませんが、ほぼ無煙で蝋涙(ロウの垂れ)もほとんどなく、燃焼時間がより長いという優れものです。櫨よりも色つけがしやすい特性に着目して、ずらっと並べると虹色になる色ろうそく、新月の夜や宇宙をイメージした真っ黒なろうそくといった、まるで色鉛筆やクレヨンのような楽しい品々を展開しています。 そしてもちろん、ろうそくといえば専用の火立て。作家さんが手づくりする燭台、デザイナーさん考案の逆さまにしても使える木の火立てなど、和ろうそくの質感をそっと引き立てるロウソク立て作りにも力を入れています。  「 hitohito — 火と人 」 大與さんのブランドコンセプト「hitohito(ひとひと)」は、現代の人たちにとっての火の在り方を、ひとりの作り手として模索していこうという志を示しています。 人としての分を超えて受け取ったり、いい加減に取り扱ったりすると、途端に危険な力へと変わってしまう「火」。 キッチンを除けば裸のままの火は、昭和時代の刃物追放運動に見たように、日常にあったはずの場所から気付かないほどにゆっくり、それでも確実に姿を消しつつあります。 その昔、火という漢字がひとつに統一される以前には、火を表す漢字は「丙(ひのえ)」と「丁(ひのと)」の二つがあり、火の表裏一体の本質を分かつ兄弟としてみなされていたそうです。 前者の丙(ひのえ)は兄にあたり、気性の荒い、自然界の現象としての燃えさかる火。 もう一人の丁(ひのと)は弟———人の手元でそっと扱えて、安心と便利を与えてくれる小さな火。 危ないから遠ざけてしまおう……それでは控えめな丁(ひのと)が与えてくれる、滲むような豊かさや郷愁は、いったいどこへ? 人目をひく兄と区別もされないまま、いつかは人間の居場所から完全に追い出されてしまうのでしょうか。 もういちど、丁(ひのと)の字に込められた知恵と豊かさを、人の手元に。 魅力的なもの作りを通じて、小さな火を一つ一つ灯してゆく、作り手としての真っ向勝負。 大與さんが熱い想いを込めて送る、美しい和ろうそくをご覧下さい。   絵ろうそく 蓮柄と菊柄 ■寸法:高さ10.8 × 直径約1.4(cm) ■号数:碇型3号 ■材料:米ぬか蝋、真綿、い草 ■製法:型入れ ■装丁:化粧箱 ■製造:日本製 滋賀県高島市
1,600円
 税込 送料別 カードOK  レビュー1件  ココショク 日本の手仕事雑貨 大與 絵ろうそく 3号 2本入り 蓮柄 菊柄 三匁 二本入 絵蝋燭 絵入り 和ろうそく ローソク 和蝋燭 国産 仏花柄 お彼岸 お寺 包み 法事 法要 四十九日 一周忌 御供物 お供え物 霊前供養 新生活 インテリア小物 高級品 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】  「大與 絵ろうそく 3号 2本入り 蓮柄 菊柄 三匁 二本入 絵蝋燭 絵入り 和ろうそく ローソク 和蝋燭 国産 仏花柄 お彼岸 お寺 包み 法事 法要 四十九日 一周忌 御供物 お供え物 霊前供養 新生活 インテリア小物 高級品 贈り物 プレゼント ギフト【お中元】」の関連商品
データー更新:2022/08/11 08:47:11


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ


楽市360について
Supported by 楽天ウェブサービス

※当サイトで掲載されている情報は、楽市360の作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。
購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

当サイトで利用、配布しているプログラムコードは著作権法で守られています。無断コピー&利用を禁じます。©2007-2022 web2-labo